忍者ブログ
アルカナ専用ブログ。年齢制限のあるものも飛び出すのでご注意ください。外道+純粋、大人+子ども、エロ+ぴゅあなおっさんの話題が多いです
Posted by - 2017.12.11,Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by 3行 - 2012.05.20,Sun
~運命を廻す少女~
本編に沿った内容ということで、買わないかもなんて思ってたのに



思ってたのになんでこの3人を表紙にもってくるのか
この表紙で買 わ ず に い ら れ る は ず が な い
しかもこれ今更ながらファミリーの(誰にも相談されない)相談役、
這い寄る嘲笑ことジョーリィおじさん(推定50前)のルートメインじゃあありませんか!!
そうか…こうきたか…そして表紙めくった次のページでまた止まる

おっさんカラー口絵きた

しかも、小説オリジナルエピソードで(ここ重要)


なんなの!なんなの!?公式はどれだけジョーリィ好きなの!?
こんなオリジナルエピソードなんて入れてくれちゃって
小説の表紙があれだったからって、内容は普通にオールキャラ気味に
進むんだろうな~なんて甘いことを考えていた頭にこれはガツーンと
リベルタの星の屑作戦(ちょっと違う)並みに度肝抜かれましたよ

ありがとうほんと嬉しい

えっと何を書こうとしてたんだっけ?(゚c_,゚` )

内容的には一言で言ってしまえばゲーム通りです。
と、多分他所様で他キャラ含む普通の感想は既に書かれていると思うので
ここはまあ……いいですね!省略します(おい)
おっさん好きとしてはおっさんについての感想を書かねばなるまいて…
原作プレイ済み・小説既読を前提に感想を書いているので
原作未プレイの方は多分意味が分かりません。ご注意!


<小説のおっさん>
まず、幼少期のフェリチータがルカとスミレと3人で住んでいた家に
モンドが訪れるというプロローグ部分に、森の中での
チビータとおっさん(当時推定30代)の初めての出会いが
はさみこまれて…て…いました…
P23に、ジョーリィの笑い方を”息を吐くような笑いを返しただけだった”っていう
表現があってそこがものすんごいツボでしたね。
渡海先生…すごく…的確な表現すぎて…!!
あと、カラー口絵もその辺りのシーンが描かれているのですが
読まれた方はご存知だとは思います

これめちゃくちゃ萌えじゃね?
彼はフェリチータがうんと頭をもたげなければならないほど、背が高かった
そうか…歳の差もさることながら身長差もこの時すっごいあるよね!
見上げてるチビータがかわいらしく…この幼女とこのおっさんが後に
もにょもにょしたり廊下であんなことをやらかしたり
するようになるのかと思うと犯罪でも済まされない気がしてきますね!

それがいいんじゃない(正直すぎです)


あとデュエロ発表後のお嬢とおっさんのやりとりは原作どおり。
「君が私の花嫁になると思うと…ゾクゾクするね」
これですよ。ゲーム内で聞いてもエロかったですが文章で見ても
おっさんのエロチシズムが滲み出ています。でも私達からすれば
お前がそのお嬢にこれから絆されていくのかと思うとわくわくするね
ってなもんです。ちょろいですよ。このおっさんこんなこと言ってますが
お嬢にかかったら可愛いにゃんこみたいなものですよ。
今は思う存分優越感味わってればいいんです。
それが後でジャブのように効いて来るだけの話からね!ああ恥ずかしいったら!
ジョーリィはこうやって、後に自分の書いた原稿を読み返して
「わ!当時の私恥ずかしい…!!」ってなるあの感覚を遅かれ早かれ
味わうことになるでしょう。その時が楽しみです。

しかしこの時点でお嬢が既にジョーリィについて
”絶対に本心は明かさないしはぐらかすけど、つまらない嘘はつかない人”
察しているのはさすがとしか言いようがありません。
世間に慣れていないとはいえ、聡明な子なのでそういうのも自然と
感じ取ってしまうのかもしれませんね。どうするジョーリィ
お前の本性は既にばれかけているぞ…!

その他
・任務のお礼にお茶はいかがかなと肩に手を伸ばそうとするもルカに阻止される
・ルカが薬草を勝手にとられたことに対するお嬢の「ジョーリィはひどいね」

そして錬金部屋での精神的なお嬢とおっさんの攻防…
がんばれお嬢!陰険ジジイに負けるな!
取りつく島の無いおっさんにがんばって攻撃をしかけるお嬢ですが
倫理観とかそういうものが元々欠如しているジョーリィには一般常識は通じません。
例の実験生成物を見せ付けてドヤ顔してきます。
お嬢とか興味ないし実験の方が楽しいんだよコレ見てみろドヤァ!
ついにはあのスチルシーンにつながり脅されて追い返されます
(※多大な誇張表現が含まれています)

私的にはあの「いっそのこと、手放してしまったらどうだ?」のシーンが好きだったので
あのスチルを文章で事細かに表現してもらえるものだと思っていたのが
耳元で囁く程度で終わってしまったのが少し残念…
そして最後の「先に食堂に行って待っていろ。私もすぐに行く。」が変わっていたよ。
そうだよね…この台詞のままだったらこの後食堂のみんなできゃいきゃいシーンに
いかなきゃだもんね…。しかしなぜか私この台詞がなぜか好きでなくなったのは
ちと残念。あ、多分お嬢に対して普段は丁寧口調なのに命令口調なのが萌えるんだ…

「はっ、ルカの薫陶か?…小賢しいことだ。」
は言うまでも無く好きですとも、ええ(聞いてない

そして、エルモに必要以上に優しいおっさんが怖いです。
おっさんのゲーム内でのエルモに対する態度…あれは
おっさんの素なのかなと普通に思っていたら違ったんですか。
狙ってたのか。おっさん…そうなのか…!!
なんて外道なんだ。でもそんなおっさんが好きです。
むしろこのおっさんがどこをどうしてこんな素直なエルモを作り出せたのか
そっちの方が心配になってきます。

そして、ついに今日のその時がやってまいりました

(↓更にネタバレな後半 より続き)

ジョーリィの隠し子?
っていう台詞を入れてくださった渡海先生には本当に感謝しています…!
え、だってエルモはジョーリィの子どもですよ
ジョーリィが作ったんだからさ…(練成的な意味で)
まあ、別な息子もいますけれども

そしていつもよりもちょっと長く部屋へ引きこもるおっさんを心配した
優しいお嬢が部屋へごはんをもって行きます
締め切りに追われる漫画家のようですね

実験が煮詰まってイライラ状態最骨頂のジョーリィきました
上手くいっていない実験対象等ごみだと言い張り
あっという間にそれらは暖炉へ投げ込まれて派手な音が響きます
むしゃくしゃしている様はまるでネタがなくて煮詰まった漫画家のy…

自分が造った物なのだから自分が壊してもおかしいことはないと
そういうことをおっしゃるわけですよこのおっさんは。

おっさんの行動にもうついていけないわ…!!頭ぐしゃぐしゃで
逃げ出したい気持ちを抑えつつみんなの言葉を思い出して
ジョーリィと対決するお嬢…がんばれ…みんなお嬢の味方だよ!!
そして、実験失敗の焦燥感から心に隙のあったおっさんの心を読むことに
成功してしまうお嬢…

言うまでも無く、モンドのことでいっぱいの心を読まれてしまいました。
それに驚いたお嬢の声に
振り向いた顔が無防備だったらしいですよ
ちょ、そのへんの顔を…花の顔を詳しく挿絵で…さらち先生ー!!!
振り向いたときの顔はその人の素が出ると言いますからね…
是非とも見たかったですがその辺は妄想で補完。



しかし怒涛の萌ラッシュはとどまるところを知りません
大事な今になって手詰まりになったと語るそのときにですね、
髪を乱暴に掻き上げたらしいですよ
それはお嬢が初めて見る姿だったらしいよ。

そしてそれを見たフェリチータの感想
ジョーリィという人に初めて出会ったような心地を味わっていた
――これが本当の、ジョーリィだ。


.;`Σ(´〃`)これに萌えずしてどうしろと?
お嬢まだそんなに長い間おっさんと一緒にいないのにもう既に
おっさんの本質を掴みかけていますよ…
これはもう愛のなせる技としか言いようがないじゃあありませんか

恋人たちの能力を高めるための方法をフェリチータが導き出したときの
おっさんの笑いはいつものように馬鹿にしたものではなく
単純に自分とは全く違う発想を持つお嬢に対しての驚嘆が
含まれていたようですが、この時から少しずつお嬢に対して
ただの”モンドの娘”という認識ではなく
成長する様を見てみたいという興味が出てきたんじゃないかなと思いますね。

エピローグでは再び子どもは嫌だ、これがファミリーにくるなんて怖気立つと
ツンツンしてる頃のジョーリィが拝めます。
こんなおっさんを荷物もちだけにひっぱってこれるのは
世界ひろしといえどもモンドだけですね。
多分モンドはおっさんをお嬢に会わせたかったんだろうと
思うんですが結局おっさん嫌になって荷物だけドア脇に置いて
逃げちゃった(笑)それが結果的に2人が2人だけで会うことになった
きっかけにもなったわけですから色々と運命みたいなものを感じますよ。

だってここはどこ?ジョリフェリを推すブログですから。


こうやって一山超えたお嬢は立派な猛獣使いへの道を歩み始めるわけです。
そしておっさんはあの言葉が自分に返ってくるわけですよね
「ふうん…よく、飼い慣らしたものだ」
お前をな!
PR
Comments
無題
今日はここからこんにちは(笑)
寝る前にサイト徘徊していたら、感想がアップされていたので思わず^^

とりあえずジョリフェリ好きの考えることは皆同じ、ですね!
だよねだよね!本当にもう、つんつんすればするほど、後々お前デッレデレなんだぜふへへ!になるという美味しさよ・・・

それも小説はお嬢視点だから、妄想するだけだった本編より一層、お嬢がジョーリィのことどう思っているかがわかってイイ・・・!
人付き合いの経験が少ない、というわりにわりと初めから本質とらえてるあたりも、こちらにしてみたらたまらなくて^p^

プロローグエピローグ、中盤のルカちゃんの心から愛せる人間いない発言といい、ジョフェリクラスタにとってはたまらんフラグの数々本当にありがとう先生・・・

見えない心、夏まで全裸待機だね!!!
長文失礼しました!
Posted by 柊 - 2012.05.20,Sun 22:47:53 / Edit
 
こんなとこからこんにちは!(笑)そしてようこそいらっしゃいませ~

ジョリフェリってなんでこんなにおいしいの?ほんと皆考えることと注目するところが一緒過ぎておかしいよね!!萌え所は一緒だぜ…。
後から自分が恥ずかしい思いするだけなのにそんなことになるとは夢にも思わず好き勝手にツンして突き放すという…(笑)

確かにゲームではお嬢の心境は攻略相手が語ってくれる程度にしかわからなかったからね!萌ゆる…!!!
純粋だからこそ周りの空気とかを感じる力が強いのかもしれないね。
でも相当相手に興味を持ってないとそこまでわかるのは難しいと思うんだ… そう思うと余計に…!!

追加部分は私達にしてみればごちそう状態なわけで…!あの挿絵だけでも嬉しかったのにあんな…あんな…ね…!!
ルカたちがおっさんのことあれやこれや言うたびに「でもね、このおっさん後であんなんなるんだよ!!!!」って言ってやりたくなる。それがまた楽しい…。先生には感謝してもしたりないよ~!

SDも小説もCDも楽しみは尽きないね…こちらこそ、感想ありがとでした!
Posted by 3行 - 2012.05.26,Sat 00:10:57 / Edit
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Link
pixiv
アッシュ×フェリチータ・ジョーリィ×フェリチータプチコレクション ルカ×フェリチータ・ジョーリィ×フェリチータ デュエロオブアルカナ Arcana-Famiglia
次回イベント参加
未定
プロフィール
HN:
3行
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
どのカプも可愛くて好きですが、ダントツでジョリフェリが好きです
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]